たすかり体操 第一

ひとりにして、ひとりにしないで

ほそくというだそく

 

 

 

昨日ふと思いついて、やってみます。

つぶやきのほそく。

 

補足というか、

つぶやきはどれもそれ自体で完結しているんだけど、

その周辺のお話をもう少ししてみたいなと常々思っていたので書いてみます。

 

とりあえず昨日と今日のツイートから抜粋して。

 

 

 

もうお風呂に入っちゃったのでだいぶ余裕を感じております。ただし本当は何もだいじょうぶじゃないです。

 

 「お風呂に入らなきゃ」

と言ってうだうだする時間も無駄だし、

「今日はもうお風呂に入っちゃったから私の勝ち」

と言ってごろごろする時間ももったいないです。

結局お風呂の勝ち。私の負け。

そんな私は貴重な貴重な日曜日をどろどろに溶かして、

何もしないで過ごしてしまいました。

救いようのない哀れな生き物だと思います。

 

 

 

 私は自分で思ってる以上にtwitterが好きですね。人のつぶやきを見るのも、独り言を言うのも。

 

実際にお話しする人にもよく聞き取れないと言われるし、

私はきっと独り言に向いてるのだと思う。

人と話すときはよく話題を探しておろおろしてしまうけど、

twitterではいくらでも言いたいことあるし、

そこで話す内容は「つらい」の吐露も含めて、

極めて「わたし」という感じがする。

 

 

 

昨日おめでとうの気持ちを込めて男の子と強めのハイタッチをしたのですが、なんとなく伝わりきらなかった感じがして2度3度と回数を重ねてしまい、今思うとなんだかちょっとえっちでしたね。

 

こういうこと言うの自分でも蛇足の最たるものだと思うのだけど、

実は結構気に入ってるツイート。

だってちょっとえっちじゃないですか?

ハイタッチってことはなんとなく1回じゃ物足りなかったの

私だけじゃなくて相手もなんですよ。

別に好きな相手とかそういう話ではないのだけど、

お互いに物足りなくて、

そのことがお互いにわかって、

何度か行為を繰り返す

っていう状況そのものがちょっとえっちですよねって

そういう話です。

 

 

 

どこにも居場所がないのはたぶん自分のせいだ ってツイートしかけて、そんなこと言うのはなんか悲しすぎるからやめた

 

居場所をつくるのがへた。

一方にいるときは他方の居心地のよさを思い、

次の場所、そのまた次の場所でも同じことを繰り返して、

いつまでも「ここじゃないどこか」に帰ろうとしてる。

 

 

 

ほんとに不思議なんですけど、先輩後輩の代はすごく仲がよかったり、雨降って地固まったりしてるのに、私の代はなんとなく可もなく不可もなく上辺の付き合いに終始するの、ほんとになんなんですか??私がなにか悪い気でも出してるんですか???

 

これに似たことは本当にずっと思っているし、

私の人生が変奏曲だとしたら、

少しずつ形を変えながら

何度も何度も繰り返される主題みたいな感じ。

 

大好きだった学内の合唱大会で私が係をやった年はなんとなく団結しないとか、

ひとつ上の期はひとりひとりのキャラが濃くてすごく仲がいいのに

私の同期は空中分解しちゃってるとか、

ひとつ下の期は心配されながらも全国レベルの成績を残したのに

私のときは燃え上がりきらずにそのままじわっと敗退しちゃったとか、

 

とにかく私は自分がいる組織のなかで

「なんとか終わったね、やれやれ」となって自然解散になることが常で、

「喧嘩もしたけどみんなと頑張れてよかった最高!一生ともだち!!」

みたいになったことがない。

 

こうして挙げてみると『熱い体験を通して一生ものの友人がほしい』

というだけの願いごとに聞こえてしまうかもしれないけれど、

それは少し違う。

ただその違いを今はまだうまく言葉に表せないから、

これからも時々考えてみようと思う。

 

 ともかく私にとっては、こうしたことのひとつひとつが積み重なって、

具体的な人生らしきものにいつまでも参加できない感じがする要因になっているんですね。

それだけは言える。

 

こういう疎外の感覚って誰にとっても普通のことなのかな。

あるいは、自分の寂しさやだめさを周囲に投影しているだけで、

私のなかの卑屈さのあらわれにすぎないのかしら。

なんとなく後者が強い気がするな。

 

 

 

 

 

さて、補足という名の蛇足でした。

上にも引用したように私はtwitterが好きで、

自分の思ったことを繰り返しこねくり回して眺めることが好きなので、

また補足の記事は書くと思います。

では。

 

 

 

 

砂浜に裸の足をうずめて

 

 

久しぶりの更新。

 

7月の末からひと月と半分。

twitterの使い方を変えたり、

ブログを始めたり、

ひとりで悩んだり、

助けを求めてみたりして、

自分の内側をたくさんのぞきこんで、

ひとと関わる外側の部分との連携を

四苦八苦しながら模索していた。

 

 

この8・9月、周りにはいろいろな方法で

充実した時間を過ごしている人たちがいて、

私は傍から見れば少しも進んでいない状態で、

これでいいのか(いいわけない)と焦りがないわけではない。

 

 

それでも、8月のいつだったか、

まだ今より少し日の長かったころ、

砂浜で裸足になってぼうっとしていたときに

「自分の生きたいように生きればいいんだ」

と、本当にふっと湧いてくるように実感して。

 

 

私は自分の内側をのぞき込んでいる時間が好きだし、

 

ひとりで砂浜にいって裸の足をうずめて、

暮れていく空を眺めるのが好き。

 

昼間の電車に乗ってぼうっとして少しうとうとする時間が好き。

 

季節の移り変わりを感じて胸が苦しくなる瞬間が好き。匂いが好き。

 

夜のお散歩とかいってお母さんとアイスとコーヒー牛乳を買いに行く夜が好き。

 

透明できらきらしたものが好き。

 

ひとりで都会のカレー屋さんを見つけるのが好き。

 

公園や中庭でいそいそお昼ごはんを食べるのが好き。

 

 

 

そういうひとに言うわけでもない

ささいな愛おしさがなにより大切で、

私の頭はそんなどうしようもないことばかりなんですね、どうにもこうにも。

 

こういう胸が苦しくなるような好きなことを

ひとつひとつ大切にして生きていきたいし、

それが私にとっては最優先事項ではないかと。

 

 

自分の内的充足を一番大切にする以上、

友人以上の関係になりたい相手というのは

今のところ思いあたらないし、

そういう相手がほしいとも特に思わないなと考え始めた。

 

意地でもあきらめでもなく、

フラットにそう思えるようになったのは成長だと思う。

 

ひとに聞かれた時も正直にそう答えればいいわけだから、

無駄にきもちが消耗しなくて済むし。

 

 

 

このひと月半、

私はほとんど進めなかったけど、

それでも自分の中のどうにもならない自分に

ここまでむきあってあげられたことはなかったから、

いい期間だったのかもしれない。

 

ここで全然進めなかったために、

私の心の中でつっぱっていた余計な何かがぽっきり折れたから、

新しい考えかたもすこしずつできるようになっている。

  

しんどくても、私は私にしかなれないし、

それで生きていける方法を考えようと思い始めているってことは、 

まともじゃない、まともじゃない

と繰り返していあ8月の苦しさは抜け出したみたい。

 

 

あともう一歩、

もう少しがんばれるようになっていきたいけれど、

ゆっくりいこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分の人生に責任を持つ限り、私は自由だ」

しんどい時期が続いていた。
 
 
何もしていないのにつらくて、
何もしていないことがつらくて。
 
 
大好きなひとたちに会っても
自分が嘘みたいな感じがして。
 
とにかく人に会う時はなんとか大丈夫な自分みたいにして、
話しかけられたときだけ嘘の大丈夫を演じていた。
(そんなだから自分から話しかける気力はほとんどなかった。)
 

友達と会うだけなら元気にしてられるけど、
困難なことがあると
逃げたくて、そんなことしていいわけなくて、途方に暮れていた。
 
 
 
そんなこんなで、どうしていいかわからずしんどい時期を過ごしておりましたが、
大丈夫な気持ちがやってきました。
 
 
これは実のところ
rainさん(rain (@0incook) | Twitter)のこの記事のお陰で。

「ああそうだ、私もこんな風に
自分の人生を手に入れたかったんだ」って、
人生を手に入れることにわくわくする気持ちを思い出した。
 
 
 
私は
ちゃんと暮らせないし、
 
部屋も片づけられないし、
 
料理もできないし、
 
めりはりをつけて働けないし、
 
行動力を発揮して思い切りよく遊びにも行けない。
 
 
 
 
けど、
 
私もいつかそうやって

なりたい自分になって、
 
自分の人生を生きたい。
 
(そんなこと言ってるうちはきっと独身だろうけどね。)
 
 
 
 
で、いまとてもポジティブなので、
こんなことを思っている。
 

「自分の人生に責任を持つ限り、私は自由だ」
 

うっかり忘れてた、そんなこと。
 
 
 
 
 
家族とドライブしたり、

人生の中でもトップクラスに私を受け入れてくれている人たちと過ごしたり、
 
ひとりで夜の動物園にいったり
 
続けてそういうことがあったから、

少し私も、人生って楽しいことがあるなって感覚を思い出したのもあると思う。
 
 

今は全然だめだけど、

私はいつか大丈夫になりたいし、
 
いつか自分にとっての「よい暮らし」を
 
ちゃんと送りたい。
 
 
 
「いつかちゃんと暮らす」なんて

こんなことを目標にしているひと私の周りにはいないけど、
 
まあそれはいいよ、考えても仕方ない。
 
 
 
だから、とにかく、大丈夫。
ようやく”薄い膜で覆われた自分”みたいな感覚を抜け出した。

正常な判断をして、
よりよい行動ができる私にようやく戻ってきた。
 
(情報収集能力は相変わらず低いから、
その判断が正しいかは別問題だけど、
だめな時は、情報があったところで
正しいとわかっていることにさえ動きだせない。)
 
 
 
 
ということで、
 
大丈夫になろうね、みんなで。
 
 
 
 
 
おまけ:
私は意外と運転するのが好きみたい。
教習所に通っていたときは
下手なことするたびに嫌味言われて
泣くほどつらかったけど、
いまは、運転したあとはなんとなく、
手に残るハンドルの感触のなかに、大丈夫の感覚が残っている感じがする。
 
 
 
 
 
 
 

生きる話

きょうは、

むかしのバイト先で出会った女の子たちの話。

「生きてる」人たちの話。

 

 

あのお店で働かなければ出会わなかった子たち。 

すごく仲良くなったというわけではなかったけれど、

私は彼女たちのことが好きだったし、

今後の人生のなかでも、折に触れて思い出すと思う。

 

 

 

それにしても。 

あのお店でのバイトは私には結構難しかった。

 

次から次にくるお客さん。

扱う金額は食品にしては高めだったし、

覚えることも多かったから、

 

それまでのんびりした職場しか知らなかった私は、 

今思い出しても、うまくいかないことばっかりで、

失敗したら落ち込むし

失敗しなくてもしたらどうしようって

毎回毎回悩んでたな。

 

 

 

で、同期の女の子たちの話。

 

まずはひとりめ。

たとえば学歴でいったら、

私のほうが「勉強ができる」のかもしれなかったけど、

どう考えても彼女の方が「賢かった」。

 

言われたことすぐ忘れたりしなかったし、 

手際いいし、

周りがみえてるし、

はきはきしてるし、

手順の考え方に無駄がないし、

店長ともパートのおばさんとも距離の取り方がとっても上手だった。

 

 

あげたらきりがないけど、

「あーこれが生きるってことだなぁ」

といつも思っていた。

 

あんな風になれるとは思わなかったけど、うらやましかったな。

私はいつも(そういうつもりはなくても)ぼやぼやしていて、

具体的に頭を使って生きることが下手だなぁって

そのことをずっと、これまでもこれからも悩み続けると思う。

 

 

 

それから。

 もうひとりのこともすごく好きだった。

ほんとに、笑っちゃうくらいおしゃべりで。

 

私はつい真面目な話し方をしてしまって、

相手に楽しんでもらえてない感じがして

そのことをよく悩む。

 

でも彼女は勝手に(親しみをこめて言ってるけど)

いっぱいしゃべってくれるから、

そういう居心地の悪さをまったく感じさせなくて

ありがたさと、なにか特別な愛おしさを覚えたものだった。

 

 

 

私が「生きたい」とか「大丈夫」になりたいと言う時、

彼女たちのように具体的に生きたいという気持ちで

言っていることが多い。

 

具体的になりたいな。

でも具体的な人たちは、

具体的になりたいなんて思わないのよね。

これも「ほんもの」の話に続く意識だなぁ。

あぁ。

 

 

 

好き(かもしれない)な人がいる(かもしれない)こと

私はきちんと人と付き合ったことがありません。

 

きちんとでなければあるとかそういう話ではなくて、

付き合う手前でうまくいかなかった人、

お断りした人、

2週間くらいで別れた人…

といった具合なわけです。

 

てなことで、今日は恋愛の話をしようと思います。

 

ただ、色恋にまつわる話というのは人の興味を惹く一方で、

 嫌悪感を抱くかたもいらっしゃると思うので、

最初におことわりをしておきます。

今日は一応、恋愛の話です。

 

 

さて。

 

今日知ったのですが、

最近気になっていたあの人には、

デートに誘った相手がいるらしいです。

撃沈。

最初から可能性なんかなくて、

話せたらちょっとうれしいと思える相手がいることが幸せ、みたいな

回りくどい説明の要る相手だったので

いつそういうことを知ってもおかしくはなかったのですけれど。

 

そして、私が今お断りしたいお相手からはもう一撃頂きました。

頑張って誘ってくださっている。

あなたとは遊びにいきませんとでも言えばいいのか。

ずるずる引き延ばしてはいけないし、

関係を壊さないように穏便にいきたいのだけど。

 慣れていないから、

こういう時の確実な断り方がわからない。

 

 

で、こういうこと言うのは健全じゃないかもしれないけど、

応えられない(または応えきれない)から好きになられても困る…

と思って接していると、

だんだんその気持ちが嫌悪感に変わってきてしまって

仲良くしていたかった相手のこと、だんだん嫌いになってしまう。

2週間で別れた時もそうだった。

私の心に問題があるのかもしれないけど、

とにかくそういう気持ちになってしまうのだ。

今回はそんな心配をすることがないようにと焦っている。

 

好きになってもらっている状態って、

相手と距離を取らなければということばかり考えて

ほんとに窮屈で苦しい。

はっきり断ってるつもりでもそうできてない私が悪いのか、

わからないけど、ほんとにつらい。

 

 

私だって愛されたいけど、

もっと切実な願いとしていまは自由でいたくて

好きでいてくれる人のことも、

その自由を奪う人、みたいな認識になっていってしまう。

ごめんなさい、なんかすごく変なことを言っているかもしれない。

これはほんとうにはじめてはっきり言葉のかたちにしている感情なので

自分でもすごく不安。

 

でもとにかく、

私は自分から相手を好きにならない限り幸せになれないし、

中途半端なことは絶対にしちゃいけないってことをここ数年で学んだ。

 

その結果、私には結局

「ちょっと話せただけでうれしい相手」がいて

その人のことをときどき思い出すような恋愛が向いているということになる。

それを恋愛と呼ぶならの話だけど。

 

まあでもその「ちょっと話せただけでうれしい相手」には別の想い人がいたんですね。

ああ、そんなもんです、人生。

私は、彼の二重幅と、話を聞くときにうんうんってうなずいてくれるところが好きなので、それでいいです。

そして時々私の(おともだちアカウントでの)くだらないつぶやきにいいねをくれればそれで。

自分でもくだらなくて笑っちゃうな。

 

 

 私にとっての恋愛は、タイトルみたいなもので十分なのだと思います。

だって、都会のカレー屋さんにひとりで突撃したり

喫茶店で本を読んでるときの方が楽しいなら、

無理して相手を探すことないじゃないですか。

 

そうじゃない相手が見つかるまで、

私は馬鹿な真似はしないようにしようと思うのです。

ひとも自分もできるだけ傷つけないように。

 

いつまでもお子ちゃまでいることに嫌気がさすこともあるし、

「普通」のことができない自分に落ち込むこともあるけれど、

それも「どう断ろう」って考えている時のつらさに比べたらまし。

何千倍も。

 

そんなことを考えている。

 

 

 

 

 

 

言葉の話

ブログを始めて5日。

 

誰かに伝えたら少しは気持ちも変わるかと思ったけれど、

 

自分のなかに何か分裂したものを感じているだけのような気もする。

 

 

Twitterに関しても、もともとは、

 

友人用の少し楽しいことをいうためのアカウントだけ持っていた。

 

そのアカウントは好きなのだけど、

 

でもなんというか見せられる程度の卑屈さを

 

混ぜ込むにとどまっていて、

 

まあつまり一番外側の人に見せても大丈夫な部分だけ見せていた。

(ネットを介さないとそれすら難しい。) 

 

それではなんとなく寂しいような気持ちがして

 

鍵をかけてほとんど自分だけの

(といってもずっとつながってくれていた方もいるのだけれども)

 

叫びを文字にしていた。

 

人と会ったあと死ぬほどむなしいこととか。

この話はまたいずれ、そういう気持ちになった時に書くと思います。

 

 

でもこうしてアカウントを公開して、

それらしくブログなど書いてみて、

少しずつみてくださる方もいて、

 

それで結局私は

批判を避けてだめな自分を変えることもなく

愚にもつかない駄文を垂れ流す人に

なっただけな気がする。

 

しかももともと

それを避けるためにつくったアカウントで、

私は結局また「ひとにみせても大丈夫なことば」を

選びはじめようとしている。

 

 

批判されたくないけど、

自己正当化への罪悪感が消えない

 

ひとりにしてほしいけど、

ひとりになんてしてほしくない

 

 

で結局、どんな形で言葉をもてあそぶにせよ、

現実にできること、

やるべきことを、

ひとつずつやるしかないことは、

変わらないのだと思った。

 

特に、現実の補助としてのインターネットの世界に

依存を強めた今となっては、

そのことの重要性が依然にもまして意識されるようになった

 

という感じ。

 

しっかりしよう。

 

何度となく

繰り返してきた言葉だけど、仕方ない。

 

できるまで何度も言うしかない。

 

 

 

さて、言葉の話がしたかった。

 

言葉。

 

昔から国語が好きだった。

振り返っても作文で苦労したことはないなと思う。

 

(自分で言うのも難だけど、

小学生の頃はそもそも頭がよかったのです。

そしてその頃に対するコンプレックスみたいなものが

今でもあったりなかったり。

どんどん「普通」、そしてそれ以下になっていく自分というか。

優秀だったころのことを知っている人に会うと

なんだか居心地が悪かったりそうでもなかったりします。)

 

作文だけは、

中学高校でも、たまにクラスとかで紹介してもらって

いい文章書けてるんだって思えるのがうれしかったし、

なんというか自分にとっての小さな自信のよりどころだったようにも思う。

 

ただ大学に入ってからはなんとなく違った。

もちろん言葉を紡ぐことはあいかわらず好きで、

量的には割と文章を書いてきた方だと思うのだけど、

やっぱり内容を求められると粗が目立つというか。

私ほんとは頭はよくないんじゃね?ということを

突きつけられた感じだった。

 

私が得意なのは「作文」であって、

それでレポートくらいまでは対応できるのだけど、

論文となると結構厳しい。

 

書きながら思考が固まっていくプロセスは好きだし、

そこに生みの苦しみが付きまとうのが当然ということも

わかっているのだけど。

 

でもやっぱり私の文章は、

気持ちの高まった部分を掬い上げる作業というか

そんな大層なものじゃないけど、

イメージとしてはそんな感じだから

 

「この話はここがおもしろかったよ」みたいな作文とか、

ちょっとかっこつけて「社会はこうあるべきだよね」みたいなレポートは

書けるんだけど。

 

ともかくもうちょっと成長したいなとはいつも思っている。

 

 

さて、言葉についてもうひとつ。

 

こっちは特に、うまく言葉にできるかわからないけれど、

 

とりあえず書いてみる。

 

私は言葉の選び方がなんとなく人と違うらしい。

 

独特だよね、としばしば言われる。

 

それに対して私は、

言われる相手とか文脈とか言葉の響きによって

少し人と違う私(それはだれしもが持つ差異としての個性)

を認めてもらった気がしてうれしくなることも、

疎外されたような気持ちになることもある。

 

疎外されたような気持ちというのは、

うまく説明するのは難しいけれど、

とにかく自分だけピエロになったような虚しさを覚えるような感覚。

 

違うと認められたい気持ちと、

違うなんて言わないでと泣きたくなる気持ち。

でもこれはほんとに言われる相手による。

好きなひと(私はこの表現をよく使うけれど、好ましい相手は全部好きなひとです)に

言われれば嬉しいし、

苦手な人に言われればめっちゃ微妙な顔をする、という

ただそれだけのことかもしれない。

 

 

ともかく、私は私の言葉が好きだけど、

でも人に伝えるには向いてないなと思うことが

圧倒的に多い。

前々からそんな気はしていたのだけど最近特にそんな気がするな。

 

向き不向きの問題なんだろうけど、

不利だなとは思っている。

 

 

 

あとそれから歌詞についての話もしたいな。

言葉が好きなくせに歌詞はあまり聞いてないって話なんですけど。笑

それはまた今度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きだよ、ホンモノ。愛と憎。その2

今日は割と心が生きているので、

 

切羽詰まった話をしてしまおうと思う。

 

私がこれまでもこれからも、ずっとほんものにはなれない話。

 

 

いつからか忘れてしまったけど、

私の意識の中には

自分は「ほんもの」ではないっていう意識がある。

 

だましだまし生きているというか。

 

ほんとはまともでもなんでもないというか。

 

肥大した自意識への二重の恥ずかしさというか。

 

能力や愛嬌どれをとっても残念というか。

 

 

逆に私は、「この人はほんものだ」と思っている人が一定数いて、

(MくんやKさんやKさんやYさんやOさん その他多数)

 

そういう人の前に出ると本当に恥ずかしくなってしまう。

 

私が偽物なの、ばれちゃうって。

 

そんな気がしてしまう。

 

それだけならまだいいけど、

話したあとちょっと落ち込んだりする。

 

 

 

私のこの“偽物”意識は一体どこからくるんだろう。

 

格好悪い私を一番しっているのが私だからなのか、

 

それとも客観的に見ても私はださださ人間なのか。

 

卑屈だから、

相手はきっと私のことを「偽物がいきってる」と

思ってるに違いないと被害妄想に陥って

ますますうまく話せないこともある。

 

久しぶりに会っても今だに

まともに話せない相手がいる。

 

 

相手がどう思おうと

私は私だし、

それに多分そんな卑屈な気持ちを抱いていない方が

人間関係は3万倍うまくいく。

 

はずだけどね。

理論上。(笑)

 

 

 

偽物とかほんものとかわかりにくいこといってるけど、

これは詰まるところ「ばかだと思われたくない」

「有能な人に認められたい、残念に思われたくない」

って気持ちがあるのかもしれないと、

今書いていてふと思った。

 

 

となると私は心の中で、

下に見る相手を作って「ああいうやつにはなりたくない」と思ってみたり、

逆に上にそういう相手を作って「あんなふうになりたい」と思ってみたり。

一見別物のようでいて、同一の、

ある種の権威主義にも似た構造を心の中に持っているのかもしれない。

 

いやきっとそうだ。

 

やんなっちゃうな。

 

そういうところがもうすでに偽物じゃん。

 

 はい。

 

結局南極、この問題、保留。

by スチャダラパー南極物語

 

私もほんとに運動不足なのかもしれない。

 

出会ったのはつい最近だけど、人生に響く出会いをした曲。

MC BOSEの声、落語を聞いてるみたいで心底心地よいし、

アニさんの醸し出す味わいが何とも言えない。

秀逸なリリック。

HIP HOP初心者なのであとのことはよくわからないけど、

とにかくアジカンに出会った時の血沸き肉躍る感じを

久しぶりに味わったのでした。

 

もっとつらさが切羽詰まってる時の文章のほうが

おもしろいかもしれないけど、

今日はこんなところで。

 

 


南極物語